まつげのエクステはノーメイクのレベルアップにも?


数年前から人気が出て、今ではスタンダードな美容テニックになったのがまつ毛エクステです。
地まつ毛が少ない人は、マスカラをつけてボリュームアップするとか、付けまつ毛で印象的な目元にしているのではないでしょうか?


ただ、ビューラーでカールさせてからマスカラをつけて乾燥するまでの時間がもったいないですし、付けまつ毛は接着剤を使うのでオフするときに自分のまつ毛が抜けるデメリットもあります。
そんな悩みを抱えている人のために、まつげのエクステが登場しました。

では、実際にサロンで施術を受けるときの流れがどうなっているのかをご紹介しましょう。
まずサロンを決めたら予約をして、当日はカウンセリングをしながらエクステの本数を決めていきます。本数で値段が変わる場合もあるので、出来れば「つけ放題」の料金設定を選びましょう。クーポンがある店でも良いです。
理想の本数やエクステのカラーを選んだら、後はお任せで施術を受けるだけです。
次にまつ毛エクステの基本の注意点ですが、美容師免許を持っている人が施術しなくてはいけません。

地まつ毛にエクステを1本1本接着剤でつけていきますので、目のトラブルになるリスクもあるため、専門的な勉強をした人だけが施術すること、と法律で定めています。
無資格者が施術をしてニュースになったことがあるので、エクステは不安だという人もいるでしょう。

それなら、他の方法で目元を印象的にしながらメイクを時短する方法を使いませんか?

まつエクより安心だと人気になったのが、まつ毛美容液です。まつ毛を育毛することによって自然に目力アップが狙えます。少し時間はかかりますが、まつげに負担なくできるので安心です。
まつ毛の増毛サロンも少しずつ増えているので、エクステが不安なら、自分のまつ毛を自然に生かすことも考えてみましょう。
さらに、まつ毛パーマの登場で即効性のあるメニューが増えました。

このまつ毛パーマで不安なのは、パーマ液が目に入ったら危ないということでしょう。
セルフパーマができる自宅用キットも販売していますが、安全性を考えるなら施術数の多いプロにパーマをかけてもらった方が確実です。
まつ毛エクステやパーマもサロンを利用しますので、予約の変更OKとかコースがたくさんある店の方が便利です。

さらにサロン予約状況がネットで確認できる店も通いやすいです。
アイメイクに力を入れていて、朝の化粧時間を短縮したい人は、まつ毛エクステなどをしておくと目力を落とさず時短メイクがキレイに仕上がります。


このページのトップへ