いきなり時短メイクをしようとしても失敗することも?


メイクで時短しようとしても、慣れていないと仕上がりが変わって満足できません。
もちろん、肌のコンディションも毎日違いますし、まつげもビューラーを使うか、接着剤でつけまつげをつけるのかなど微妙な違いがあります。

また、人によってポイントメイクで使っている商品は違いますが、毎日することだから慣れています。
でも、気持ちが慌てていて違うことをするのは失敗の原因になります。
化粧の時短で注目されるBBクリームやCCクリームなどの簡単アイテムが増えていて、使い方はシンプルでもコスメの特徴が分かれるので、やはり慣れは重要です。

そこで、スキンケア大学のように化粧品別のガイド記事がたくさん掲載されていてケア方法や効果も紹介している情報を参考にしてもいいでしょう。

実際に乾燥肌など自分の肌タイプを把握しないで化粧すると、化粧水やクリームの選び方を間違えることもありますし、そのうえ時短メイクをしては化粧崩れの原因になります。

つまり日頃から手抜き感のないメイクをするために練習をした方が良いということです。
ファンデーションをパフ塗りしたり、指塗りしたりと試しているうちに手抜きではないつけ方が分かってきますし、どのくらい時間がかかるのか目安もわかります。

これはメイクに使える残り時間に合わせた時短メイクのテクニックを選ぶための基準を知るだけでも役立つでしょう。
実際の時短メイクの仕上がりを見て、失敗しない化粧品類や美容方法を選びやすくなります。

確かにアイメイクが軽いと目力が足りなくなり、チークを入れないと顔色が悪い、リップだけでも顔の印象が変わってしまうなどの手抜き感がバレるポイントを理解すると、自分にオススメの時短メイクを身に着きます。

さらに、肌トラブルに悩んでいる人も、美容液入りでスキンケア効果が続き肌印象を崩さないタイプのパウダーファンデーションを用意しておくと、手抜きにならない時短メイクがしやすいです。

人気のあるオールインワン化粧品も肌ケアをショートカットして、ベースメイクに取り掛かれるため大人女子からも愛用されています。

ここまで読んでみても、どうしても時間を短縮する方法が分からない方は、時短メイクのテクニックを紹介している動画がインターネットで見られますので、参考にしながら練習する方法もあります。
今の自分のメイクテクニックでどの程度時間短縮できるのか、何が苦手でどうやって練習するのかを知るために、まずメイクにかかる時間を図るところから始めるのがおすすめです。


このページのトップへ