つけすぎないからナチュラルメイクで化粧時間短縮


普段から、まつ毛にはマスカラをしっかり、チークもきれいに入れて…とばっちりメイクの人は、十分な化粧時間が取れないと困るのではないでしょうか?
そんな時にオススメなのはナチュラルメイクです。

実はナチュラルメイクの方が日焼け止めなどの下地までが入念に作られたパーフェクトメイクだと言われています。
ナチュラルな素肌感のために、コントロールカラーで調整するとかヌード感のあるパウダーで仕上げるなど、自分の肌を理解して計算しつくしているものだからです。

そのナチュラル風メイクも、簡単に仕上げる方法があります
ただし、あらかじめ準備が必要なので、ベースのステップからご紹介します。

スキンケアが充実しているとすっぴんでも恥ずかしくないレベルになるので、ファンデーションを厚く塗る必要がなくなります。
基本的なことですが、化粧水を厳選するとかクリームにもこだわってケアしていくことが大切です。
化粧水についてはオールインワン化粧品人気おすすめランキングでも解説されています。
この準備ができているとスキンケアに日焼け止めをつけてから、BBクリームやパウダーファンデーションを薄く乗せるだけでも、かなりキレイなベースづくりができます。

次に目元に手抜き感を見せないなら付けまつ毛も便利ですが、まつげエクステをしておくと、時間がない時のメイクでも安心です。
マスカラは丁寧に時間をかけてもダマができることがあり、メイクが濃すぎるイメージを作ります。そのうえ急いでアイメイクをしようとすると失敗の確率が高くなるでしょう。
それでも、「いつもこのメイクだからマスカラをつけないと手を抜いたのがバレる」と追い詰められた気分になる人もいます。
そんなデメリットを解消して時間短縮するなら、まつ毛エクステを有効活用してください。
もし、エクステに抵抗感があるなら、まつげパーマやまつ毛美容液を使うのもオススメです。
他のポイントメイクで時間がかかるのは、女子感アピールに欠かせないリップです。
石原さとみさんのようなグラマラスなリップにも時間がかかるでしょう。リップクリームで滑らかさのキープをするのは毎日の積み重ねとして実践し、朝のメイク時間にはグロスを塗るだけでも印象が変わります。
色味の濃いグロスは口紅をつけなくても十分に発色しますので、2ステップを1ステップに省略してくれます。
以上のようにポイントを押さえてナチュラルメイクをすると時短メイクがとても簡単になり、いつもとは違う印象づくりになるためフレッシュなイメージで見られるのもメリットです。

このページのトップへ